マガジンのカバー画像

サービス開発チーム

24
カケハシのサービス開発チームに関する記事をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

AIを活用した薬局向け在庫管理サービスの発注UX改善 番外編:オンボーディングプログ…

AI在庫管理の発注UX改善プロジェクトで、プロダクトの他にオンボーディングプログラムの体験設…

Kitaoka
4か月前
7

AIを活用した薬局向け在庫管理サービスの発注UX改善 仮説検証〜リリース結果編

前回は、仮説構築までをお伝えしました。完結編の今回は、仮説検証〜リリース、その結果やユー…

Kitaoka
4か月前
4

AIを活用した薬局向け在庫管理サービスの発注UX改善の取り組み 顧客理解〜ゴール設定…

こちらの記事はカケハシ Advent Calendar 2022 の4日目の記事です。 カケハシでプロダクトデ…

Kitaoka
6か月前
15

AIを活用した薬局向け在庫管理サービスの発注UX改善 ペルソナ見直し〜プロトタイピン…

前回の記事では、AIの精度別に実現したいUX、そして今回のプロジェクトのゴール設定について書…

Kitaoka
4か月前
2

医療体験の変革を目指す、カケハシPMMの視点

プロダクトマネジメントのなかでも主にビジネスサイドに軸足をおき、プロダクトの市場展開を推…

24

【PMM徹底解剖】カケハシのプロダクトマーケティング、よくある質問にお答えします

こんにちは、カケハシでプロダクトマーケティングマネージャー(以下、PMM)をしている二木(…

カケハシのPMMとは?新規事業を極めたい僕が、20代最後にこの仕事を選んだ理由

こんにちは。 「人生は探検、日常は実験」 “京都み”あふれるPMM(プロダクトマーケティングマネージャー)の岩佐晃輔です! カケハシで薬局向けBI&CRMプロダクトを担当しています。 2022年4月、カケハシに入社して1年が経ちました。現在29歳。20代の最後をカケハシのPMMとして駆け抜けている最中です。 一年の節目ということで、私がなぜカケハシを選んだのか、入社当時の想いとカケハシのPMMという仕事の実際とを本記事に残したいと思います。転職活動している方や、30代

techスタートアップらしさとは結局なんなのか

この記事はカケハシアドベントカレンダー2021 25日目の記事になります。 株式会社カケハシ 取…

普通の薬剤師が、気づいたら薬局向けサービスのプロダクトマネージャーになっていた話

この記事はカケハシアドベントカレンダー2021 24日目の記事になります。 初めまして、薬局業…

開発チームの理想状態を検討するワークショップを行いました

この記事はカケハシアドベントカレンダー2021 21日目の記事になります。 こんにちは、Musubi …

Musubi AI在庫管理リリースまでの道のり

この記事はカケハシアドベントカレンダー2021 19日目の記事になります。 こんにちは!2021年9…

PdM/PMM組織1年目の現在地

こんにちは。カケハシで「Musubi AI在庫管理(以下AI在庫管理)」と新規サービスのプロダクト…

カケハシのアドベントカレンダー2021、始まります!

カケハシで開発ディレクター/スクラムマスターをしている 新田智啓です。 この度、カケハシ初…

プランナーの僕が「Musubi AI在庫管理」の開発に強烈なクラフトマンシップを感じた理由。

はじめまして。AI在庫管理のプロダクトリード(PMM、PdM、営業、CSなどプロダクトの開発以外のとりまとめ役)をしている山本です。 前回はエンジニアメンバーが開発目線でAI在庫管理をご紹介しましたが、今回は企画寄りの目線で、プロダクトと開発について書いてみたいと思います。 山本 惇一(Junichi Yamamoto) 一橋大学商学部卒業後、東日本電信電話株式会社入社。シンクタンクに出向し国内外のICT動向のリサーチ、グループ子会社でWi-Fiアプリのプロダクトマネージ