サービス開発チーム

8

カケハシの新プロダクト「薬局向けAI在庫管理サービス」の開発を初公開します

はじめまして、AI在庫管理サービスのスクラムマスターをしている新田(しんでん)です。今回は…

年収やポジションよりも「何を成すのか」でカケハシを選んだ

「ポジションにこだわりはない。それよりも“何を成すのか”が大事でした」 こう口を揃えるの…

医療には、残りのエンジニア人生をかけるだけの価値がある。

30代の頃、シャープで電子書籍配信サービスの開発に携わっていた松山哲也。40歳を迎え「一度の…

子どもに誇れるプロダクトを作りたい。だから、カケハシを選んだ。

「子どもに胸を張れる仕事をしたい」と、カケハシの扉を叩いたのがフロントエンドエンジニアの…

私たちが、専任のスクラムマスターにこだわる理由。開発組織の理想像とは?

カケハシには、“ディレクター”という役割を重視するカルチャーがあり、開発チームそれぞれに…

爆速のサービスリリースを“残業ほぼなし”で実現した「スクラム×OKR」によるプロジ…

薬局体験アシスタント「Musubi」のデータ活用チームで、スクラムマスターを務めているカケハシ…

「スタートアップを名乗るなら、今までにないサービスを」グッドデザイン賞受賞のデザ…

先日の発表の通り、私たちカケハシの提供する服薬指導支援ツール「Musubi」が2019年度のグッド…