マガジンのカバー画像

サービス開発チーム

20
カケハシのサービス開発チームに関する記事をまとめています。
運営しているクリエイター

#SaaS

医療体験の変革を目指す、カケハシPMMの視点

プロダクトマネジメントのなかでも主にビジネスサイドに軸足をおき、プロダクトの市場展開を推…

21

【PMM徹底解剖】カケハシのプロダクトマーケティング、よくある質問にお答えします

こんにちは、カケハシでプロダクトマーケティングマネージャー(以下、PMM)をしている二木(…

34

カケハシのPMMとは?新規事業を極めたい僕が、20代最後にこの仕事を選んだ理由

こんにちは。 「人生は探検、日常は実験」 “京都み”あふれるPMM(プロダクトマーケティン…

54

カケハシの面接でよくいただく質問と回答(エンジニア編)

【会社やプロダクトについて】Q. カケハシって何をやっている会社ですか?日本の医療体験を、…

エンジニアへの招待状。国内屈指のデータサイエンティストと働く醍醐味を

今後リリースを予定している新プロダクト「薬局向けAI在庫管理サービス」の開発メンバーとして…

カケハシの新プロダクト「薬局向けAI在庫管理サービス」の開発を初公開します

はじめまして、AI在庫管理サービスのスクラムマスターをしている新田(しんでん)です。今回は…

医療には、残りのエンジニア人生をかけるだけの価値がある。

30代の頃、シャープで電子書籍配信サービスの開発に携わっていた松山哲也。40歳を迎え「一度の仕事人生、せっかくなら好きなことをやりたい」とベンチャーの世界に飛び込みました。そして2016年、彼はカケハシを選んだのです。エンジニアとしてはベテランの域。このタイミングで、なぜ松山はカケハシを選んだのでしょうか。心の内に秘めた想いに迫ります。 <プロフィール> 株式会社シャープで、電子書籍配信サービスの開発に携わる。2015年、一念発起し退職。株式会社サイカへ入社し、広告効果分析

子どもに誇れるプロダクトを作りたい。だから、カケハシを選んだ。

「子どもに胸を張れる仕事をしたい」と、カケハシの扉を叩いたのがフロントエンドエンジニアの…

薬局業務“見える化”クラウド Musubi Insightとは?

はじめまして、Musubi Insightの開発ディレクターを務めています、松田と申します。カケハシが…