見出し画像

KAKEHASHIとは? Musubiとは? はじめましてのご挨拶

はじめまして。薬局・薬剤師向けSaaS「Musubi」を手がける株式会社カケハシ(KAKEHASHI)です。

私たちはいわゆるBtoBのスタートアップということもあり、なかなか普段の暮らしのなかで皆さんのお目にかかる機会は限られているのですが……

医療業界の方々はもちろん、ビジネス/テクノロジー領域でお仕事をされている方々や、スタートアップ企業に関心をお持ちの方など、より多くの方に「私たちのことを深く、多面的に知っていただく機会をつくりたい」という思いから、公式noteをスタートすることになりました!

KAKEHASHIのヒト・モノ・コトを感じていただけるような記事をお送りしていきたいと思います。

お気軽にフォローいただけると嬉しいです。

・・・

KAKEHASHIについて、もう少し

初エントリーということで、もう少しKAKEHASHIについて自己紹介させてください。

KAKEHASHIは、「医療と患者さんをつなぐカケハシに」「医療と明るい未来をつなぐカケハシに」との思いから設立された医療系スタートアップです。

調剤薬局向けSaaS事業を手がけ、現在は主に次世代型の電子薬歴システム「Musubi」(ムスビ)を展開。

システムを導入して終わりという従来型のシステムベンダーとは一線を画し、薬局・薬剤師のパートナーとなって、患者さんにより豊かな医療体験を提供することをビジョンとしています。

▼KAKEHASHIとは?
・ 2016年創業の医療系スタートアップ。
・ 武田薬品出身のCEOと、マッキンゼー出身のCOO、2人が立ち上げ。
・ 現在は70名超のチームに。
・ エンジニア、カスタマーサクセス、薬剤師など多様なメンバーが在籍。
・ 「医療をつなぎ、医療を照らす」をミッションに、日本の医療環境をより豊かにしていくことが目標。
・ 現在の主要サービスは、薬局向け電子薬歴システム「Musubi」

Musubiのことも、もう少し

薬歴業務の効率化はもちろん、服薬指導を中心とした患者さんとのコミュニケーションの充実化を支援する、これからの時代を見据えた電子薬歴システムです。

今、調剤薬局に求められる役割が大きく変わろうとしています。厚生労働省による「患者のための薬局ビジョン」等を通じて、薬局は「病院の近くでお薬を提供する場所」というだけでなく、「地域の患者さんの健康をサポートする基点」として機能することが期待されているのです。

とはいえ、薬局の現場は多忙を極めており、現在の環境のままで、薬剤師と患者さんのコミュニケーションに力点を置くことは非常に困難です。また既存の薬局向けシステムに、患者さんとのコミュニケーション支援を目的としたものは決して多くありません。

そうした現状を踏まえ、「薬局における業務の効率化」と「患者さんとのコミュニケーションの質向上」をともに実現しようとしているのが、Musubiというサービスです。

▼Musubiとは?
・ 患者さんごとに最適な情報を自動提案し、薬剤師と患者さんのコミュニケーションを支援。
・ 患者さんへの服薬指導中にタブレットPCをタップするだけで、必要書類(薬歴)の下書きが仕上がる。
・ 書類作成の人的・時間的コストを削減し、薬剤師に、患者さんと向き合うための“時間”と“気持ち”の余裕を提供。

KAKEHASHIやMusubiをご紹介いただいた記事

これまで、さまざまなメディアでKAKEHASHIやMusubiを取り上げていただきました。ぜひこちらも併せてご覧ください!

それでは、また次回!

12

株式会社カケハシ - KAKEHASHI

医療をつなぎ、医療を照らすーー。薬局・薬剤師向けに電子薬歴システム〈Musubi〉を展開するSaaS企業、株式会社カケハシ(KAKEHASHI)の公式noteです。KAKEHASHIにまつわるヒト・モノ・コトを幅広くお伝えしていきます。ぜひフォローを!