カケハシ公式note

「⽇本の医療体験を、しなやかに」をミッションに、患者満足と薬局の働き方改革を支援する薬局体験アシスタント「Musubi」を展開するヘルステックスタートアップ・株式会社カケハシ(KAKEHASHI)の公式noteです。カケハシにまつわるヒト・モノ・コトを幅広くお伝えしていきます。

カケハシ公式note

「⽇本の医療体験を、しなやかに」をミッションに、患者満足と薬局の働き方改革を支援する薬局体験アシスタント「Musubi」を展開するヘルステックスタートアップ・株式会社カケハシ(KAKEHASHI)の公式noteです。カケハシにまつわるヒト・モノ・コトを幅広くお伝えしていきます。

    マガジン

    • 社内報

      カケハシの社内の話をまとめていきます

    • Musubi

      薬局体験アシスタント「Musubi」に関する記事をまとめています

    • イベント

      カケハシがかかわったイベントリポートをまとめていきます

    • 社員インタビュー

      カケハシの社員インタビューをまとめていきます

    • サービス開発チーム

      カケハシのサービス開発チームに関する記事をまとめています。

    リンク

    最近の記事

    固定された記事

    KAKEHASHIとは? Musubiとは? はじめましてのご挨拶

    はじめまして。薬局・薬剤師向けSaaS「Musubi」を手がける株式会社カケハシ(KAKEHASHI)です。 私たちはいわゆるBtoBのスタートアップということもあり、なかなか普段の暮らしのなかで皆さんのお目にかかる機会は限られているのですが…… 医療業界の方々はもちろん、ビジネス/テクノロジー領域でお仕事をされている方々や、スタートアップ企業に関心をお持ちの方など、より多くの方に「私たちのことを深く、多面的に知っていただく機会をつくりたい」という思いから、公式noteを

    スキ
    33
      • どうなる、処方薬配送・受け渡しの未来。「ラストワンマイルDAY」を開催しました

        9月9日、カケハシ主催としては過去最大クラスの規模となるイベント「ラストワンマイルDAY ~知る・ふれる・つながる未来~」をリアル会場・オンラインのハイブリッドで開催しました。 テーマは、処方薬の配送・受け渡し、いわゆる“ラストワンマイル”サービス。オンライン診療・オンライン服薬指導が現実となり、いよいよ注目度が高まっている分野です。 今回はその最新情報を一挙にキャッチアップできる機会として、ラストワンマイルサービスの前提となる「電子処方箋」の社会実装をリードする行政や、

        スキ
        8
        • Musubiのこれから。Musubiユーザー薬局6,000店舗突破のリリースに添えて

          こんにちは。カケハシ CEOの中川です。 本日、Musubiユーザー薬局が6,000店舗を突破したというリリースを出しました。 全国の保険調剤薬局の数が約60,000店舗といわれており、そのうち1割の薬局さまがMusubiをご活用くださっていることになります。2017年のサービス開始から約5年。歴史も後ろだてもないなかで生まれたMusubiが今日に至っているのは、ひとえに多大なご支援をくださっているユーザーの皆さまのおかげです。この場を借りて、御礼申し上げます。 創業期

          スキ
          25
          • 薬局に図書館をつくっちゃえ! 薬局の可能性を追求する若き挑戦者たち

            2021年7月にスタートした薬局・薬剤師のコミュニティ「MusuViva!」。 大好評だったオンライントークライブ「Viva! Cast 調剤室の小窓から」から3カ月。早くも第二弾が開催されました。 今回のキーワードは「マネジメント」「地域貢献」、そして「薬剤師としての視野の広げ方」について。初回に引き続きハザマ薬局の橋本さん、そして新たに会喜地域薬局グループの岡本さんが登場しました。 岡本さんが勤めるひのき薬局は、建て替えプロジェクトが進行中。なんと、新たに図書館の併

            スキ
            9

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 社内報
            カケハシ公式note
          • Musubi
            カケハシ公式note
          • イベント
            カケハシ公式note
          • 社員インタビュー
            カケハシ公式note
          • サービス開発チーム
            カケハシ公式note
          • Musubiユーザーの声
            カケハシ公式note

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            写真で振り返る、カケハシのオフサイトミーティング。

            こんにちは。カケハシで薬局の医薬品在庫管理を支援するプロダクト「Musubi AI在庫管理」のPMM(プロダクトマーケティングマネジャー)をしている西村です。 いち薬局のみならず、医薬品流通・供給の全体的な最適化を目指し、新規事業として2019年11月にスタートした「Musubi AI在庫管理」は、今や69名の組織に成長しました!(2022年5月現在) ほとんどのメンバーがコロナ禍以降に参画しているため、オンラインを中心とした環境の中でさまざまな工夫をしながら組織づくりに

            スキ
            5

            プライバシーマーク取得は通過点。カケハシの情報セキュリティマネジメント

            2022年2月下旬、カケハシは一般社団法人日本情報経済社会推進協会からプライバシーマーク(通称Pマーク)の付与決定を受けました。これにより、個人情報を適切に扱う事業者として、ホームページや名刺などにPマークを使用できるようになります。 Pマーク取得にあたって奮闘したのが、社内情報システムを管理するグループの角田。一般的に事業を優先するスタートアップでは、Pマーク取得の優先度が下がりがち。なぜカケハシはPマーク取得にリソースを注いだのでしょうか? 話を聞いた人 スタートア

            スキ
            2

            担当者が明かす、カケハシ評価制度リニューアルの全貌と、これからの課題。

            カケハシで人事を担当している黒田です。 この半年で、カケハシは評価制度を大きくリニューアルしました。今回はその背景や経緯、具体的な中身についてご紹介します。 カケハシは創業6年、シリーズBの調達を経て社員数は約250人の規模となり、ミドル〜レイターフェーズとして見られることも多くなりました。「大人ベンチャー」と呼ばれたり、人事制度もなぜかもろもろ整っていると思われたりすることが多いのですが、まだまだそのフェーズにないのが実情で、まさに今、現在進行形で全方位的に人事施策の強

            スキ
            30

            なぜカケハシは、評価制度をボトムアップでつくったのか?

            カケハシ人事担当の黒田です。 2022年4月、カケハシは全社的に人事評価制度をリニューアルしました。今回の制度リニューアルでは、ビジネス職とサービス開発職それぞれに個別の評価制度を設けることになり、特にサービス開発職においては、各職種の代表者とともにプロジェクトチームを組み、完全なるボトムアップで制度設計を行いました。 なぜわざわざそんな(面倒な?)ことを実践したのか。背景にある思いと、具体的なプロセスを公開することで開発組織の文化をお伝えできたら……ということで、記事に

            スキ
            35

            日経BP Marketing Awards受賞! 快挙を掴んだマーケティングチームの地道すぎる取り組み

            2022年3月8日、カケハシの薬局体験アシスタント「Musubi(ムスビ)」の広告が、日経BP主催の「第8回(2022年)日経BP Marketing Awards」の銀賞に輝きました。日本マイクロソフトや住友林業といったそうそうたる顔ぶれの中に、私たちカケハシの名前が……。この驚きと感動の裏側を、「Musubi」広告プロモーション戦略を手がけたマーケティングチームのメンバーに語ってもらいました。 コンバージョンとブランディングを両立させるために ー改めて、今回の広告プロ

            スキ
            71

            【PMM徹底解剖】カケハシのプロダクトマーケティング、よくある質問にお答えします

            こんにちは、カケハシでプロダクトマーケティングマネージャー(以下、PMM)をしている二木(ふたつぎ)です。 カケハシでは全社をあげてPMMを積極募集しておりまして、今回は面談や面接の場でよくいただく質問に回答する形式で、カケハシにおけるPMMについてご紹介していきたいと思います。 質問1 カケハシのPMMってどんな立ち位置なんですか?一番よくいただく質問かもしれません。会社説明の資料にも組織図を掲載していますが、チーム間の関係性が表現されているわけではないので少しイメージ

            スキ
            31

            カケハシのPMMとは?新規事業を極めたい僕が、20代最後にこの仕事を選んだ理由

            こんにちは。 「人生は探検、日常は実験」 “京都み”あふれるPMM(プロダクトマーケティングマネージャー)の岩佐晃輔です! カケハシで薬局向けBI&CRMプロダクトを担当しています。 2022年4月、カケハシに入社して1年が経ちました。現在29歳。20代の最後をカケハシのPMMとして駆け抜けている最中です。 一年の節目ということで、私がなぜカケハシを選んだのか、入社当時の想いとカケハシのPMMという仕事の実際とを本記事に残したいと思います。転職活動している方や、30代

            スキ
            52

            「薬剤師が変われば、地域医療は変わる」平成生まれの薬剤師たちが目指す未来

            2021年7月、カケハシは薬局・薬剤師のコミュニティ「MusuViva!」をスタートしました。 コンセプトは、“ユーザーが自由に交流し(交流)、互いに助け合い(互助)、共に未来を創る(共創)ための場” 。薬局同士、薬剤師同士のつながりを生むことで、私たちが提供する薬局体験アシスタント「Musubi」を使いこなすコツや、薬局経営や薬局業務のヒントを共有し合ったり、刺激を与え合ったりすることを目的としたコミュニティです。 そのMusuViva! 初のオンライントークライブ「V

            スキ
            34

            カケハシ初!育児休暇を取得した新米パパ奮闘記

            2022年4月1日より改正育児・介護休業法が、段階的に施行されることになりました。 法改正の大きな目的は、男性の育休取得を促すため。もともと取得自体は可能であったものの利用率があまりにも低かったため、段階的に見直しをかけていくことになっています。 世の中に先駆けて、カケハシではカスタマーマーケティングチームのある男性メンバーが、3ヶ月間の育児休暇を取得しました(男性の育児休暇取得は社内初)。世間には育休取得を不安視する男性からの声も少なからずある中で、彼は3ヶ月間を振り返

            スキ
            20

            ぼうしや薬局が発信に力を入れるわけ

            ”アドベントカレンダー in MusuViva!2021” 7つめの記事は、株式会社ぼうしや薬局の高橋さんのご投稿です。 薬局として、TwitterやYouTubeなどSNSを活用した発信を積極的に行う背景・想いを書いてくださっています。 _____________________________ 初めまして、兵庫県姫路市を中心に28店舗を展開している株式会社ぼうしや薬局の高橋です。 https://www.boushiya.co.jp/ 毎日更新される素晴らしい先生方や

            スキ
            7

            MusuViva!内でのナレッジシェア、一部ご紹介!

            薬局・薬剤師コミュニティMusuViva!は、KAKEHASHI製品に関することのみならず、ご参加の薬局・薬剤師間でさまざまなナレッジシェアが積極的になされています。 ”アドベントカレンダー in MusuViva!2021”の中から、知見がシェアされた記事を、2つご紹介いたします。 _________________________ Pocket Musubi からLINE でセグメント配信してみたこんにちは、会喜調剤薬局グループの馬場(@meganebouz)です。Po

            スキ
            6

            Musubiとの出会い

            ”アドベントカレンダー in MusuViva!2021” 5つめの記事は、兵庫県の薬局にお勤めのTさんのご投稿です。 Musubiとの出会いから導入に至るまでのいきさつと、現在の想いを伝えてくださいました。 ____________________________ 私たちの薬局では昨年からMusubiを稼働しています。今は、1年を超えてMusubi2年生になりました。 卸業者さんを通じて初めて紹介され、KAKEHASHIの担当者のお話をうかがったのは5月。田舎の町の薬局

            スキ
            5