カケハシ公式note

調剤薬局DXを入口に、日本の医療システムの再構築を目指すヘルステックスタートアップ・株…

カケハシ公式note

調剤薬局DXを入口に、日本の医療システムの再構築を目指すヘルステックスタートアップ・株式会社カケハシ(KAKEHASHI)の公式noteです。カケハシにまつわるヒト・モノ・コトを幅広くお伝えしていきます。

マガジン

  • ヒト

    カケハシで働く「ヒト」にフォーカスした記事をまとめています。

  • コト

    カケハシの取り組み、考えや思い。会社の「リアル」をお伝えする記事をまとめています。

  • ヒント

    社会、医療、組織、働き方……カケハシが抱えている“正解のない問い”の数々。その「ヒント」を探しにいく記録集です。

  • アドベントカレンダー

    カケハシ社員が綴る、一年の振り返りや自己研鑽にまつわる記事を集めました。アドベントカレンダーとして日々公開していますので、関連記事も合わせてご覧ください!

最近の記事

人間関係構築力でオリジナルキャリアを切り拓く〜エンジニア・上田莉央〜|月イチ!カケハシさん

こんにちは、カケハシ公式note編集部の鈴木です。 2016年の創業以来、事業をつくる仲間を増やしてきたカケハシ。気がついてみると社員数は300名を超えており、プロダクト数もチーム数も昔とは比べ物にならないほどに拡大しました。 そこでカケハシでは、社内Podcastとして「カケハシラジオ」を公開。ブランディングチームの上田恭平さん、鈴木啓祐さんの二名をラジオパーソナリティとして、日々さまざまな配信を行っています。 そのなかでのメインコンテンツの一つが、一人のメンバーをゲ

    • プロダクトマネージャーが重視したい「顧客」と「社内」2つの“解像度”

      こんにちは。カケハシで新規サービスに関わるプロダクトマネージャーを担当している山本です。 プロダクトマネージャーという仕事は、一般的にはビジネス・顧客・開発のトライアングルを機能させる役割だと定義されています。 そのため求められるスキルもさまざまで、プロダクトロードマップ作成や仕様策定といったプロダクトそのものに関する知見はもちろん、Webマーケティング、データ分析やユーザリサーチ、プロジェクトマネジメント、エンジニアとしての経験もしくはエンジニアと会話できるだけの技術知

      • 極上の“Customer Success”は一人にして成らず|オープン社内報「今月のカケハシ」

        こんにちは、カケハシ公式note編集部の鈴木です。 先日、ワーケーションを兼ねて大分県の別府に出かけてきました。はじめて足を運んだのですが、過ごしやすい気候、海や山などの自然が近いこと、食やリラクゼーションなどの楽しみが豊かなことなど、たくさんの魅力を感じて、とっても好きだなあと思うに至りました。 その頃、仕事上でも少し急いた気持ちが生まれていましたが、ゆったりとした環境に身をおくことで自分を客観的にみつめる機会にもなりすごく有意義でした……。忙しない日々だからこそ、あえ

        • 患者さんの声を医療のど真ん中へ——カケハシが考えるPROの可能性と日本版Value Based Healthcareへの道のり

          初めまして、カケハシの竹部です。 先日、私たちカケハシの新たな取り組み「Patient Engagement プロジェクト」についてnoteでご紹介しましたが、ご覧いただけましたでしょうか? そのPatient Engagementの具体的なアクションの一つであり、私がメインで担当しているのが「“患者さんの声”の見える化と活用推進」の取り組みです。 患者さんの声——臨床におけるアウトカムとしての患者さんの声のことを、医療の世界では Patient Reported Ou

        人間関係構築力でオリジナルキャリアを切り拓く〜エンジニア・上田莉央〜|月イチ!カケハシさん

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ヒト
          カケハシ公式note
        • コト
          カケハシ公式note
        • ヒント
          カケハシ公式note
        • アドベントカレンダー
          カケハシ公式note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          『モダンサッカー3.0』に学ぶ、強いチームと心理的安全性の本質〜エンジニアリングマネージャー・窪野安彦〜|月イチ!カケハシさん

          こんにちは、カケハシ公式note編集部の鈴木です。 2016年の創業以来、事業をつくる仲間を増やしてきたカケハシ。気がついてみると社員数は300名を超えており、プロダクト数もチーム数も昔とは比べ物にならないほどに拡大しました。 そこでカケハシでは、社内Podcastとして「カケハシラジオ」を公開。ブランディングチームの上田恭平さん、鈴木啓祐さんの二名をラジオパーソナリティとして、日々さまざまな配信を行っています。 そのなかでのメインコンテンツの一つが、一人のメンバーをゲ

          『モダンサッカー3.0』に学ぶ、強いチームと心理的安全性の本質〜エンジニアリングマネージャー・窪野安彦〜|月イチ!カケハシさん

          ”あこがれの連鎖”がユーザーの行動を変えた──「CUSTOMER SUCCESS AWARD 2023」で見つめるチャレンジの軌跡

          こんにちは、カケハシ公式note編集部の鈴木です。 先日、当社の社内イベント「CUSTOMER SUCCESS AWARD 2023」を開催しました。 「CUSTOMER SUCCESS AWARD」とは、カケハシのカスタマーサクセスに焦点を当てたイベント。日々顧客に伴走するCS活動のなかで得られた成果やプロジェクトの意義のプレゼンテーションを行うことで、リアルなユーザーストーリーを社内に届け、CSの仕事の介在価値を再認識する場としています。昨年の第一回に続いて、今回は第二

          ”あこがれの連鎖”がユーザーの行動を変えた──「CUSTOMER SUCCESS AWARD 2023」で見つめるチャレンジの軌跡

          “医療を支える”誇りと責任|オープン社内報「今月のカケハシ」

          こんにちは、カケハシ公式note編集部の鈴木です。 私事ですが今月でカケハシへ入社して丸1年が経過しました。そして、このオープン社内報はわたしの入社とほぼ同時にスタートしたので、オープン社内報も今号からやっと2年生。引き続き、カケハシの最近がざっくりつかめる読み物を目指して更新していきますのでよろしくお願いします。 ということで、今号では2023年9月のカケハシをご紹介します。今月もカケハシの一ヶ月を一緒に追いかけていただけるとうれしいです。 🗓️ 今月のカケハシまずは

          “医療を支える”誇りと責任|オープン社内報「今月のカケハシ」

          「地域に貢献」を数値管理!? ただの掛け声にしない組織戦略とは?

          薬局・薬剤師のコミュニティ「MusuViva!」で2ヶ月に1度開催される薬剤師のオンライントークライブ「Viva! Cast 〜調剤室の小窓から」。 2023年6月に開催された第7回では、前回に引き続き、三重県松阪市の「株式会社メディカルリンク」楢井慎さん、そして楢井さんのオファーをうけた、鳥取県鳥取市の「有限会社徳吉薬局」徳吉雄三さんをお招きしてトークライブを開催しました。 地域のニーズに沿って病児保育など先進的な取り組みを行う徳吉さんと、管理栄養士のカフェや地域イベン

          「地域に貢献」を数値管理!? ただの掛け声にしない組織戦略とは?

          良いプロダクトを生み出すには「良いチーム」あってこそ|オープン社内報「今月のカケハシ」

          こんにちは、カケハシ公式note編集部の鈴木です。 先日、夏休みを数日いただき、北海道をめぐる旅に出かけてきました。都心にいるときはまだまだ残暑が厳しいなと思うことがありましたが、北へと飛んでみると、肌を撫でるのはすでに秋の風。焦れったいほど愛おしい夏にサヨナラを告げ、新しい季節の訪れを歓迎しながら日々を歩んでいきましょう。 さてさて、昨年10月から公開している「今月のカケハシ」。毎月楽しく執筆させてもらっているのであんまり気づいていなかったんですが、今号で公開から一年。

          良いプロダクトを生み出すには「良いチーム」あってこそ|オープン社内報「今月のカケハシ」

          医療適正化のカギは“患者と医療の関係”にある——カケハシが「Patient Engagement プロジェクト」で目指すもの

          はじめまして。カケハシの髙田です。 もともとMusubiのセールスやマーケティングを担当していましたが、その経験をもとに現在、新たなプロジェクト「Patient Engagement」の立ち上げに携わっています。 ミッションに「日本の医療体験を、しなやかに」と掲げているカケハシですが、「しなやかな医療体験とは?」という問いに対する答えの一つにするべく取り組んでいるのが「Patient Engagement」プロジェクト。今回はこの新たなチャレンジについて、ぜひご紹介させてく

          医療適正化のカギは“患者と医療の関係”にある——カケハシが「Patient Engagement プロジェクト」で目指すもの

          服薬期間中フォローに関するニュースリリースについて、反省と改めての思い

          カケハシの中尾(@kakehashiyutaka)です。 先日、服薬期間中フォローに関する独自のアンケート調査について、ニュースリリースを行いました。 こちらについて一部誤解を招きかねない表現があったことをうけ、本日、内容を見直し改訂稿として再度リリースいたしました。 混乱を招きかねない情報発信について反省し深くお詫びするとともに、ご意見をくださった皆さまに深く感謝申し上げます。 この場を借りて、こちらのリリースに込めた私たちの思いを、改めてお伝えできればと思います。

          服薬期間中フォローに関するニュースリリースについて、反省と改めての思い

          困難上等! “やり抜く強さ”で乗り越えろ!|オープン社内報「今月のカケハシ」

          こんにちは、カケハシ公式note編集部の鈴木です。 最近、控えめにいっても暑いですね……! わたしはとても夏が大好きな民族なので、ジリジリと照りつける太陽を愛おしく感じていますが、そうだとしても、「いくらなんでも暑すぎる……」と感じる日が多く、大層驚いています。 とはいいながらも、SNSで見かける花火が美しかったり、地元のおまつりに遭遇したり、夏らしさを堪能できる機会に巡り合うと、その儚さにどうしようもない愛おしさを感じたりするのでした。 来月、この社内報をお届けする頃

          困難上等! “やり抜く強さ”で乗り越えろ!|オープン社内報「今月のカケハシ」

          医療、薬局の5年後とは?——「Pharmacy Leaders Day 2023」を開催しました!

          去る7月19日、当社主催のイベント「Pharmacy Leaders Day 2023」を無事に開催することができました! Pharmacy Leaders Dayとは、5年後、10年後の薬局業界を占う年1回のビジネスイベント。今年は“変革期のその先へ「日本と海外の事例から見る薬局経営」”をテーマに、5+1セッション、計6時間に及ぶプログラムでお送りしました。 オンライン・オフラインそれぞれご参加くださった皆さま、ありがとうございました! 先進事例とこれからの展望が語り

          医療、薬局の5年後とは?——「Pharmacy Leaders Day 2023」を開催しました!

          データを駆使して宝を掘り起こす〜データサイエンティスト・赤池嵩文〜|月イチ!カケハシさん

          こんにちは、カケハシ公式note編集部の鈴木です。 2016年の創業以来、事業をつくる仲間を増やしてきたカケハシ。気がついてみると社員数は300名を超えており、プロダクト数もチーム数も昔とは比べ物にならないほどに拡大しました。 そこでカケハシでは、社内Podcastとして「カケハシラジオ」を公開。ブランディングチームの上田恭平さん、鈴木啓祐さんの二名をラジオパーソナリティとして、日々さまざまな配信を行っています。 そのなかでのメインコンテンツの一つが、一人のメンバーをゲ

          データを駆使して宝を掘り起こす〜データサイエンティスト・赤池嵩文〜|月イチ!カケハシさん

          ユーザーコミュニティ「MusuViva!」から生まれたのは薬剤師の“気持ち”と“行動”の変容でした

          Musubiユーザー薬局・薬剤師さん向けのオンラインコミュニティ「MusuViva!」の運営を担当している伊藤です。 この夏、「MusuViva!」がおかげさまで2周年を迎えました。嬉しいことに、座談会やワークショップなどの企画には毎回多くの方にご参加いただいており、またユーザー薬局さん同士のコラボレーションや薬局・薬剤師さんの行動に“変化”が生まれた事例も出てきています。 今回は、そのなかから特に「MusuViva!」らしい成果を5つ、もう一人の担当・仁志田と一緒にご紹

          ユーザーコミュニティ「MusuViva!」から生まれたのは薬剤師の“気持ち”と“行動”の変容でした

          今、エンジニアが「働きたくなる会社」ってどんな場所なんだろう

          VPoEの湯前(@yunon_phys)です。3月にカケハシにジョインし、あっという間に4ヶ月。ゼロイチの事業立ち上げに寄与するエンジニアリングチームのマネージャとして、おかげさまで(本当に)楽しい日々を過ごすことができています。 今回は社内外の方々への自己紹介にかえて、エンジニアのキャリアや仕事観について、カケハシ入社前後に考えていたことをまとめてみることにしました。カケハシの技術組織を、どのような方向に成長させていきたいのか。自分自身のミッションにもつながる内容になると

          今、エンジニアが「働きたくなる会社」ってどんな場所なんだろう