”あの人”も涙した。医療スタートアップ設立5周年イベントの裏側
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

”あの人”も涙した。医療スタートアップ設立5周年イベントの裏側

2021年3月30日に会社設立5周年を迎えたカケハシ当日は、特設ページの公開と100人超の社員オンラインイベントを開催しました。企画から実行までを担当した広報の高橋が、裏話を含めてリポートします。

・・・

テーマは”原点回帰”。周年施策でメンバーの心をひとつに

カケハシの社員数は約140人。もともと大事にしてきた「メンバー一人ひとりが高いパフォーマンスを発揮するために自ら働く時間と場所を選択する働き方」は、新型コロナウイルス感染症の影響でさらに浸透しました。

社員数が増えサービスラインナップが拡大し、リモートワーク環境下で会社の規模が拡大するなか「対面で顔をあわせる機会の少ないメンバー同士が、周年施策をきっかけに絆を深められないか」と考えました。

そんななか決めたテーマは、”原点回帰”。「カケハシがどのように始まり、今まで歩んできたのか。創業メンバーや支えてくださったユーザー薬局の声を中心に5年間を振り返ることで、全メンバーの心をひとつにしたい」と施策を設計していきました。

具体的な手段としては、カケハシの歴史をともに刻んでいる現メンバーや、これから参画するメンバーにも共有できるコンテンツづくりを目指し、特設ページの公開とオンラインイベントを選択。5周年時点のカケハシを、後から利用できる資産としてアーカイブする方向に決めました。

準備期間は2カ月。コンテンツ制作の裏側

テーマとコンテンツの方向性を決めてから、本番までに残された時間は約2カ月。しかも、2月決算のカケハシは全社的に超繁忙期。タイトなスケジュールのなか、少数精鋭で準備することになりました。

本プロジェクトの事務局はコーポレート・デザイン(クリエイティブディレクター、人事、広報)の3人。開発やマーケティング、カスタマーサクセスなど社内の各チームから集まった有志メンバーの6人も含めた、計9人による毎週30分の定例会議が主な議論の場です。

それとは別に、社内懇親制度を利用した月1回のオンライン会も開催。”5周年施策ガヤ会”と称し、誰でも自由に参加して言いたい放題する集まりです。「どんなコンテンツが盛り上がるか」「もらって嬉しいグッズは何か」等、多様なアイデアが集まりました。ロゴ入り弁当のデリバリーは、ここから出たアイデアです。

プロジェクトを少数で進めざるを得ない状況下でも、より良い施策となるよう、他メンバーとの双方向コミュニケーションを心がけました

画像3

代表が、メンバーが泣いた。イベントの模様

制作期間が実質1カ月だった特設ページも、イベント当日の30日午前に無事公開。カケハシのデータやユーザーアンケート結果など、初めて公開する情報も含めてお披露目することができました。

スクリーンショット 2021-05-03 193547

30日午後は、2時間20分生放送の社内オンラインイベント。手元に届いたロゴ入り弁当と「カケハシで実現したい夢」のスライドを背景に、乾杯です。

画像5

最初のコンテンツは、本イベントの目玉のひとつ「5年振り返りスライドショー」。スライド制作を担当したクリエイティブディレクター本人が司会を務めながら、関係者のコメントを拾う形式にしました。話す本人しか知らないような秘話が物語形式で綴られていき、Slackは大盛り上がり!

画像2

実はここでひとつ隠し玉が。かつて創業期のカケハシを薬剤師として支えた社長・中尾のお母さまからのメッセージを仕込んでいたのです。「カケハシのNo.1ファンです。ずっと応援しています」というアツい想いが、中尾だけでなく多くのメンバーの涙を誘いました。

画像4

続いては、もうひとつの目玉コンテンツであるユーザー薬局の声。テキストだけでなく、音声や動画で寄せられたメッセージを投影しました。

「時代の変革をしているかどうかその時は分からないものですが、私はカケハシがイノベーションを起こすと思っています。皆さんが業界を変える歴史の立会人なのです」(関西の薬局経営者)
「Musubiという最高のツールを活用するか台無しにするかは薬剤師にかかっています。これからもMusubiに頼りすぎず、頼っていきたいです」(関東の薬局経営者)

「感動した」「ユーザーに支えられて今のカケハシがある」等、メンバーからは次々と喜びの声があがりました。ちなみに、CEOの中川も顧客の声に泣いたとのこと!

メンバーだけでなくユーザーとも絆を深める施策に

3月30日は大きなハプニングもなく無事終了。公開した特設ページやオンラインイベントには、社内外からたくさんのコメントが寄せられました。

特設ページが素敵なのは、カケハシの想いと、全国の薬局薬剤師の想いがつながっている証拠ですね」(Musubiのユーザー)
「特設ページ用アンケートの回答ユーザーにお礼をお伝えしたら『Musubiのおかげで余裕ができて、趣味を再開できた』と嬉しいコメントをいただきました」(カケハシのメンバー)
カケハシに興味を持つ友人に5周年特設ページを送ったら、カジュアル面談につながりました」(カケハシのメンバー)
「イベントを通じて、カケハシの一員としての気持ちを強く持つことができたし、もっと貢献したいと思いました」(カケハシのメンバー)

カケハシの原点に立ち戻ることで、メンバー同士だけでなくユーザーとも絆を深めることができたのではないかと、事務局として胸がアツくなりました。

・・・

会社設立3周年では、オフィスでファミリーデーを開催。今回の5周年では特設ページ公開と社内オンラインイベントを開催しました。会社のフェーズに合わせて施策を発案・設計・実行できるのは、柔軟でスピード感のあるスタートアップならでは。次の周年記念をどうしようか、今から楽しみです。

カケハシでは、「日本の医療体験を、しなやかに」というミッションに、ともに向き合っていただける仲間を募集しています。ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。


カケハシでは公式Facebookで最新情報を更新していますので、ぜひチェックしてみてください!

スキありがとうございます!
「⽇本の医療体験を、しなやかに」をミッションに、患者満足と薬局の働き方改革を支援する薬局体験アシスタント「Musubi」を展開するヘルステックスタートアップ・株式会社カケハシ(KAKEHASHI)の公式noteです。カケハシにまつわるヒト・モノ・コトを幅広くお伝えしていきます。